皮膚灌流圧試験装置の市場規模、傾向、および2025年までの世界的な見通し

チャットボットとしてよく知られているAI支援のコンピューターアルゴリズム(より洗練されたアルゴリズム)は、オプションベース、テキスト、または音声ベースの入力を通じて、意味のある会話(人間のような)を行うことができます。これらのチャットボットの基本的な利点は、医療従事者が時々手の届かないところにいるにもかかわらず、患者の側でスムーズに航海できることです(非稼働時間、災害による電話の過負荷などの要因による)。これにより、米国FDAによる長時間の医薬品承認が削減されます。これは、今後10年間の皮膚灌流圧検査装置市場の機能となるでしょう。

皮膚への血流は、創傷治癒の可能性を評価する上で重要な要素の1つとして認識されています。過去数年にわたって、皮膚灌流圧試験は、障害のある組織への血流を評価するための正確な技術として浮上してきました。皮膚灌流圧検査装置は、血流速度を測定し、足首上腕血圧比(ABI)などの分節血圧を決定するために使用される非侵襲的血管検査装置です。

このレポートのサンプルコピーを入手する@https  ://www.persistencemarketresearch.com/samples/25234

皮膚灌流圧は、皮膚の微小循環血流の回復に必要な圧力です。皮膚灌流圧装置は、重症下肢虚血などの末梢動脈疾患の診断、および創傷治癒の可能性、最適な切断レベルなどを決定するために使用されます。

世界の皮膚灌流圧試験装置市場は、製品の種類/技術、モード、エンドユーザー、および地理学に基づいて分割されます。

製品タイプ/技術別レーザードップラー皮膚灌流圧試験装置

  • フォトプレチスモグラフィー皮膚灌流圧試験装置
  • 超音波皮膚灌流圧試験装置

モード別ポータブルデバイス

  • カートベースのデバイス

エンドユーザー病院別

  • 外来手術センター
  • 診断センター
  • 専門クリニック

マーケットプレーヤーの全リストについては、こちらの目次をリクエストしてください@  https://www.persistencemarketresearch.com/toc/25234

世界的に、レーザードップラー皮膚灌流圧試験装置の製品タイプセグメントは、市場で最新かつより優れた技術であるため、最も高い需要を経験すると予想されます。皮膚灌流圧試験装置の技術的進歩は、世界の皮膚灌流圧試験装置市場の成長を促進する重要な要因です。

たとえば、レーザードップラー皮膚灌流圧検査装置の発売により、超音波皮膚灌流圧検査装置などの他の技術よりも正確で再現性のある結果が得られるため、病院や専門クリニックでのこれらの装置の採用が広がりました。皮膚灌流圧検査装置の人気ブランドには、moorVMS-VASC、PeriFlux System 5000、SensiLase PAD-IQ、FALCON製品ラインなどがあります。

地理的に、世界の皮膚灌流圧検査装置市場は5つの主要な地域に分割されます。北アメリカ、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、および中東とアフリカ。北米は、高度な技術が利用できるため、皮膚灌流圧検査装置の世界市場を引き続き支配します。

独占アナリストサポートのために今すぐ事前予約@https  ://www.persistencemarketresearch.com/checkout/25234

ヨーロッパは、末梢血管疾患の有病率の高まりにより、世界の皮膚灌流圧検査装置市場で2番目に大きな市場シェアを保持すると予想されます。アジア太平洋地域の皮膚灌流圧試験装置市場は、アジア市場へのこれらの装置の導入が遅れているため、成長の遅れが見込まれます。

私たちについて: 永続性の市場調査

お問い合わせ:

パーシスタンスマーケットリサーチ
アドレス– 305 Broadway、7th Floor、New York City、NY 10007 United States
U.S. Ph。– + 1-646-568-7751
USA-Canadaフリーダイヤル– +1 800-961-0353
セールス –  sales @ persistencemarketresearch .com
Webサイト –  https://www.persistencemarketresearch.com