小児用ワクチン市場 のトッププレーヤー、需要、概要、コンポーネント、市場収益、予測 2027

Aquaponics Market

市場概要

世界の小児用ワクチン市場は、予測期間(2017-2023)に10.6%のCAGRを記録し、疾患を予防すると予想され、市場調査未来(MRFR)を主張しています。いくつかの感染症および非感染性疾患から子供を予防するために子供に投与されるワクチンは、小児用ワクチンと呼ばれる。それらは、病原性を失う熱死滅型または不活化ウイルスのいずれかである。これらの不活化抗原は、感染したウイルスに対する抗体を産生できるように免疫系を刺激する。

可能性と落とし穴

市場で入手可能な様々な小児用ワクチンは、B型肝炎抗体、インフルエンザ免疫、髄膜炎菌免疫、肺炎球菌免疫、ロタウイルス免疫、Hib抗体、ポリオ抗体、およびMMR免疫である。経済成長の高まり、病気の予防におけるワクチン接種の利点に関連する意識の高まり、および有利な償還により、小児用ワクチンの世界市場は推定期間中に繁栄すると予想されます。遠隔地で高品質のワクチンを提供するための地元メーカーと主要な市場プレーヤーとのコラボレーションの拡大は、今後数年間の市場成長を促進することがさらに考えられています。さらに、慢性疾患の高い罹患率は、世界市場を後押しする重要な要素の1つです。乳児は重篤な病気にかかりやすいため、予防接種は予防に重要な役割を果たします。

一方、バイオシミラーの低価格での入手、発展途上国および発展途上国における医療サービスへのアクセスの制限、および医療費の低さは、市場の成長を抑制する主な要因の一部です。さらに、遠隔地へのアクセスの低さ、ワクチンのコストの上昇、小児予防接種の医療保険の不足は、市場の成長を妨げる他の要因の一部です。

サンプルレポートの取得@ https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/5779

競合ダッシュボード

世界の小児用ワクチン市場を運営する主要企業は、ザイダス・カディラ(インド)、S K Chemicals(韓国)、アストラゼネカ(英国)、Bio Med(インド)、サノフィパスツールSA(フランス)、バーラトバイオテクノロジー(インド)、深セン関台バイオプロダクツ(中国)、シノバックバイオテック(中国)、ファイザー(米国)、ヌロン(米国)、CSLリミテッド(オーストラリア)、メルク&カンパニー(米国)、田辺三菱ファーマコーポレーション(日本)、 第一三共(日本)、プロテインサイエンス株式会社(米国)、ダイナバックステクノロジーズ(米国)、LGライフサイエンス(インド)、カケツケン(米国)、エマージェントバイオソリューションズ(米国)、クルーセル(オランダ)、グラクソスミスクライン(英国)、グリフォルス(スペイン)、バーラト免疫学および生物学的製剤(インド)、ルパンファーマシューティカルズ(インド)、Panacea Biotec(インド)、Serum Institute of India Pvt. Ltd.(インド)、バイエルンノルディック(デンマーク)、Novartis AG(Switerzland)、 アステラス製薬(日本)、ジョンソン・エンド・ジョンソン(米国)、bioCSL株式会社(米国)、武田薬品工業(日本)、メドイムノリミュニック社(米国)、インド免疫学(インド)、バクスターインターナショナル(米国)、ヴァリアントファーマシューティカルズ(米国)など。

地域インサイト

地理的には、小児用ワクチン市場は、ヨーロッパ、アメリカ、中東、アフリカ、アジア太平洋地域などの地域にまたがっています。

すべての地域の中で、アメリカは最大の市場シェアを保持していると考えられており、評価期間中もその優位性を維持する可能性が高いです。この成長は、主に感染症の発生率を最小限に抑えるために米国保健福祉省がとったイニシアチブの増加によるものです。

欧州は、医療・製薬産業の展開のための国民保健サービスのような優れた政府支出により、大幅な成長率を記録すると推定されています。

小児用ワクチンの世界市場:セグメント別分析

世界の小児用ワクチン市場は、技術、種類、投与経路、疾患適応症、および地域に基づいてセグメント化されています。

タイプのモードによって、世界の小児用ワクチン市場は、多価ワクチン、一価ワクチンなどにセグメント化されています。

技術様式によって、世界の小児用ワクチン市場は、コンジュゲートワクチン、樹状細胞ワクチン、小児可動性デバイス、組換えワクチン、不活化およびサブユニットワクチン、弱毒化生ワクチン、合成ワクチン、トキソイドワクチンなどにセグメント化されています。これらの中で、コンジュゲートワクチンセグメントは、髄膜炎菌および肺炎球菌感染症の有病率の増加により、市場を支配する可能性が高い。

レポートの詳細全文を閲覧 @ https://www.marketresearchfuture.com/reports/pediatric-vaccines-market-5779

その他の関連レポート

皮膚移植片市場

歯科感染症治療市場

病院用ベッド市場

米国について:マーケットリサーチ
フューチャー(MRFR)は、クックドリサーチレポート(CRR)、ハーフクックドリサーチレポート(HCRR)、ローリサーチレポート(3R)、連続フィードリサーチ(CFR)、およびマーケットリサーチ&コンサルティングサービスを通じて、お客様がさまざまな業界の複雑さを解明できるようにします。

お 問い合わせ:

Market Research Future (Wantstats Research and Media Private Limitedの一部)

99ハドソンストリート、5階、ニューヨーク、

ニューヨーク10013,

アメリカ合衆国