抗体薬物複合体の市場動向、規模、シェア、成長、主要プレーヤー、分析およびレポート – 2030

市場概要

抗体薬物複合体の世界市場は、20 22-20 30の予測期間中に約16.70%のCAGRで上昇すると宣伝されています。

市場ダイナミクス

抗体薬物複合体は治療上の可能性を秘めていますが、技術的および開発上の障害に直面しています。抗体抗体複合体は、次世代の治療薬であると考えられている。それらは、特定の細胞を攻撃するモノクローナル抗体の能力と、それらの細胞を破壊する細胞傷害性薬物の能力とを兼ね備えている。技術の進歩が進むことによってのみ、この技術は成功することができた。 抗体薬物複合体市場は 、大小の製薬会社の関心を集めている新しい治療クラスです。この技術が大半の大手製薬会社に存在するという事実にもかかわらず、ADCを構築する能力を持っているのはごく少数の企業だけです。作品にはいくつかの項目があります。今日の生産の大部分は、ライセンス契約に基づいて行われています。

抗体薬物複合体に対する世界的な需要は、医療技術の進歩によって推進されています。さらに、がん症例の増加、肥満人口の増加、および高齢化は、市場の主な推進要因の一部です。さらに、前臨床研究、抗体療法に関する研究活動の増加、高度な創薬に関する研究の増加、腫瘍学疾患に関する研究の増加、研究機関、バイオ医薬品、バイオテクノロジー企業間のコラボレーションの拡大が市場を刺激しており、近い将来に抗体薬物複合体の市場を牽引することが期待されています。世界中でのがん発生率の増加、不健康な都市生活様式、地域全体でのタバコとアルコールの使用の増加はすべて、がんの重大な危険因子です。

しかし、手続きの高コストと資金不足は、この市場の拡大を妨げている可能性があります。

サンプルレポートの取得 @ https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/1113

競合ダッシュボード

世界の抗体薬物複合体市場の主要プレーヤーには、シアトル・ジェネティクス(米国)、イムノジェン・インク(米国)、ロシュ・ホールディングAG(スイス)、ジェネンテック(米国)、コンコルティス・バイオセラピューティクス(米国)、アジェンシス・インク(米国)、アンティコール(英国)、イムノメディックス(米国)、ファイザー・インク(米国)、セルデックス・セラピューティクス(米国)、ミレニアム・ファーマシューティカルズ(米国)、AbbVie Inc.(米国)、バイエルヘルスケア(ドイツ)、アステラス製薬/アジェンシス(日本)、プロジェニックス・ファーマシューティカルズ(米国)、メルサナ・セラピューティクス(米国)、 Synthon(米国)、Heidelberg Pharma(ドイツ)、Oxford BioTherapeutics(米国)など。

地域概要

世界の抗体薬物複合体市場は、アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカの4つの地域で構成されています。

技術の進歩、製造方法の進歩、および抗体薬物複合体の開発に対するナノテクノロジーの貢献のために、南北アメリカは世界の抗体薬物複合体市場(ADC)を支配しました。メキシコ、カナダなどの他の国の中で、米国は最大の市場です。多くの大手製薬会社がこの技術に取り組んでいるにもかかわらず、ADCの製造の成功率は非常に低く、成功している企業はごくわずかです。

世界の抗体医薬複合体市場では、アジア太平洋地域は成長市場です。この分野の抗体薬物複合体市場は、消費者の意識の高まりと政府のイニシアチブの高まりによって牽引されています。作品にはいくつかの項目があります。これらの進歩は、ライセンス契約の条項に基づいて行われます。インドや中国などの国々は、がんに罹患した人々の数が多いため、最も急速に成長している地域と考えられています。彼らはまた、市民の生活の質を向上させるために、先進国からの現代技術と最新のケアオプションを実装することをいとわない。

欧州における抗体薬物複合体の需要は2番目に高く、アジア太平洋地域がそれに続く。各国政府は、国民に最高のケアを提供できる新薬を実施するために、研究開発に重点を置いています。

完全なレポート@https://www.marketresearchfuture.com/reports/antibody-drug-conjugate-market-1113 を入手

市場セグメンテーション

世界の抗体薬物複合体市場は、種類、製品、技術、アプリケーション、およびエンドユーザーに基づいてセグメント化されています。

タイプに基づいて、世界の抗体薬物複合体市場は、モノクローナル抗体、リンカー、薬物/毒素などにセグメント化されています。

アプリケーションに基づいて、世界の抗体薬物複合体市場は、白血病、前立腺癌、腎臓癌、膵臓癌、卵巣癌、膠芽腫、肺癌、結腸癌、乳癌、皮膚癌、固形腫瘍、多発性骨髄腫、リンパ腫、およびその他の癌にセグメント化されています。白血病セグメントは、さらに急性骨髄性白血病(AML)、慢性骨髄性白血病(CML)、急性リンパ性白血病(ALL)、および慢性リンパ性白血病(CLL)に分けられる。

製品に基づいて、世界の抗体薬物複合体市場は、Adcertis、Kadcyla、およびその他にセグメント化されています。

技術に基づいて、世界の抗体薬物複合体市場は、ImmunoGen技術、Seattle Genetics技術、Immunomedics技術などに分類されます。

エンドユーザーに基づいて、世界の抗体薬物複合体市場は、病院、専門がんセンター、学術研究機関、バイオテクノロジー企業、バイオ医薬品企業などに分類されます。

その他の関連レポートを入手する:

https://icrowdjapanese.com/2022/05/04/%e6%af%9b%e9%ab%aa%e7%a7%bb%e6%a4%8d%e5%b8%82%e5%a0%b4%e3%81%ae%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e5%88%a5%e5%b1%95%e6%9c%9b%e3%80%81%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%80%81%e3%83%88/

https://www.marketresearchfuture.com/reports/cataract-surgery-device-market-2115

市場調査の未来について:

マーケットリサーチフューチャー(MRFR)では、クックドリサーチレポート(CRR)、ハーフクックドリサーチレポート(HCRR)、コンサルティングサービスを通じて、お客様がさまざまな業界の複雑さを解明できるようにします。MRFRチームは、お客様に最適な品質の市場調査とインテリジェンスサービスを提供するという最高の目的を持っています。

お 問い合わせ:

Market Research Future (Wantstats Research and Media Private Limitedの一部)

99ハドソンストリート、5階、

ニューヨーク, ニューヨーク 10013

アメリカ合衆国

+1 628 258 0071

Eメール: sales@marketresearchfuture.com