ナノ Gps チップ市場、キー リーダー、新興技術、2030 年までの地域予測による競争環境

市場範囲

ナノ GPS チップ市場は、2017 年から 2023 年 (評価期間) の間に有利な条件を獲得する準備ができていると、Market Research Future (MRFR) は考えています。COVID-19の影響分析をレポートとともに提供し、コロナウイルス病の発生に続く主な進展を詳述します.

トップブースターとメインバリア

COVID-19 の影響により、ロックダウン、検疫、旅行禁止が課せられ、サプライ チェーンが混乱しました。株式市場の混乱。世界中のさまざまな企業が直面している金融危機。不確実性が高まる中、テクノロジーおよび半導体ベンダーは、顧客や見込み客との関わり、長期的な投資に引き続き注力し、より安定した市場を模索しています。モノのインターネット、5G、インテリジェント エッジ、ハイ パフォーマンス コンピューティングなどの高度なテクノロジは、新しいコロナウイルスにもかかわらず、ナノ GPS チップ市場が回復力を維持するのに役立ちます。

SARS-CoV-2 の出現以来、より良いインターネット接続と安価なスマート ワイヤレス センサー ネットワークの必要性が指数関数的に高まっており、Nano GPS チップ市場に有利に働いています。パンデミックはまた、デジタル化の成長と、さまざまな業界での NANO GPS チップ ソリューションの需要を後押ししており、今後の市場の回復に役立つ可能性があります。市場はまた、追跡機能を備えた商用デバイスに対する需要の急増から利益を得る立場にあります。この市場は、タブレット、スマートフォン、および世界中のさまざまなデジタル デバイスに対する高い需要によってさらに充実しています。

さらに、新製品の発売に伴う製品革新の急増は、依然として主要な企業が採用している主要な戦略であり、市場に有利な機会を生み出す可能性があります。たとえば、2020 年 7 月、iQOO は、デュアル SIM、マイクロ USB ポート、および 3.5mm オーディオ ジャックを備えた GPS をサポートする Snapdragon 720G チップセットを搭載した最新の iQOO U1 を発売しました。

無料サンプルを入手 @ https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/5651

有名な業界の競合他社

より高い Nano Gps チップ市場シェアを獲得するために競合する競合他社には、OLinkStar Co., Ltd. (中国)、VLSI Solution (フィンランド)、Analog Devices Inc. (米国)、富士通 (日本)、Shenzhen Esino Technology Ltd. (中国) が含まれます。 、OriginGPS Ltd. (イスラエル)、Dragon Bridge (SZ) Tech Co., Ltd (中国)、Shenzhen Zhonghe Electronics Co., Ltd (中国)、ATMEL Corporation (米国)、Unicore Communications, Inc. (中国) など.

ナノ GPS チップ市場セグメンテーション

ナノ GPS チップ市場は、用途だけでなく種類も検討されています。

市場に出回っている Nano GPS チップの種類は、感度、低電力などです。

これらのチップのアプリケーションは、携帯情報端末 (PDA)、タブレット、パーソナル コンピューター (PC)、スマートフォンなどです。世界中でこれらの家電製品の販売が拡大していることを考えると、スマートフォン セグメントがリードする可能性があります。スマート ウェアラブル デバイスやトラッキング ガジェットに対する需要の高まりは、市場の成長を後押しするもう 1 つの重要な理由です。

ナノ GPS チップ市場の地域調査

ナノ GPS チップの市場規模は、APAC/アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、行/残りの世界に関して評価されています。

北米は現在市場のリーダーであり続けており、ヨーロッパと APAC がそれぞれ 2 番目と 3 番目のスポットを占めています。北米で最も収益性の高い市場は、カナダと米国であることが確認されています。これは、頻繁な技術革新と、さまざまな業界でのナノ GPS チップ ソリューションの消費の増加のおかげです。最新技術の迅速な実装を容易にする十分に開発されたITインフラストラクチャと、チップサイズの縮小のための研究開発に対するメーカーの支出の増加も、この地域でのビジネスの成長を促進することができます. 大手メーカーは、製品の感度、効率、性能、消費電力の向上に重点を置いており、地域市場にも有利です。今後数年間で、

APAC 市場は、先進的で機能の優れた電子製品の製造に多額の費用を費やすインドや中国などの新興国の重要な貢献に支えられて、着実に拡大しています。野生生物保護に関する政府のイニシアチブの急増も、この地域での Nano GPS チップの使用の増加に貢献しています。

完全なレポートを表示 @ https://www.marketresearchfuture.com/reports/nano-gps-chip-market-5651

最近の更新

2020年2月

Huawei は、インドで大規模なディスプレイとスタイラスを備えた最新の M シリーズ タブレットを発売する準備ができています。このタブレットは、GPS や Bluetooth 5.0、Wi-Fi などの接続オプションを備えた Kirin 980 チップセットを搭載しています。

目次

1。エグゼクティブサマリー

2 報告対象範囲

2.1 市場の定義

2.2 調査の範囲

2.2.1 研究目的

2.2.2 前提と制限

2.3 市場構造

3 市場調査の方法論

3.1 研究プロセス

3.2 二次調査

3.3 一次研究

3.4 予測モデル