遺伝子編集の市場規模、課題、セグメンテーション、ソリューション、ダイナミクス、2027年までの予測

遺伝子編集は、病気を引き起こす可能性のある遺伝子変異を変える能力のために、医薬品研究開発機関に多くの熱意を生み出しました。Market Research Futureは、遺伝子編集市場が2017-2023年の予測期間に18.30%のCAGRを達成すると予測しています。

遺伝子編集市場法は、患者の細胞内の遺伝情報を作成し、制御するのに役立ちます。現在、創薬と診断、そして市場の成長を刺激する正確な医薬品に不可欠です。事実を考えると、遺伝子編集市場の限界は、厳格な規制政策と遺伝子  研究に対する不利な一般の認識です。がんやその他の遺伝性疾患の罹患率の上昇は、個別化医薬品の需要の高まりと相まって、遺伝子編集産業の拡大に拍車をかけると予想されます。さらに、政府の資金調達プログラムの増加は、予測期間中のセクターの成長に大きな影響を与えます。

CRISPR遺伝子編集ツールの最近の開発とその使いやすさは、生物医学界でかなりの関心を集めています。CRISPRベースの遺伝子処理は、誘発された疾患の治療ランドスケープに適応する大きな可能性を秘めています。遺伝子処理ツールの中には、ヒト医学市場や獣医学におけるCRISPRの潜在的な用途があります。

多くのバイオ医薬品企業は、世界的な疾患負担の高さと商業的可能性の高さから、さまざまな遺伝性疾患に対する革新的な医薬品の開発に注力しています。合成遺伝子に対する需要の高まり、R&Dへの多額の投資、分子生物学の技術的進歩は、この分野の成長に寄与する他のパラメータです。

で無料サンプルコピーを要求: https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/707

セグメンテーション

世界の遺伝子編集市場は、理解と分析を深めるために、方法、アプリケーション、エンドユーザーによってセグメント化することができます。

方法に基づいて、 遺伝子編集市場には、転写活性化剤様エフェクターヌクレアーゼ(TALEN)、クラスター化された規則的に間隔をあけた短い回文反復(CRISPR)、ジンクフィンガーヌクレアーゼ(ZFN)、アンチセンス技術が含まれる。

遺伝子編集市場のアプリケーションセグメンは、動物遺伝子工学、植物遺伝子工学、遺伝子治療、および微生物の遺伝子工学に分類することができます。

さらに、エンドユーザーに基づいて、遺伝子編集市場は受託研究機関、バイオテクノロジー、医薬品に分かれています。

地域分析

南北アメリカは、世界市場に最大限参加しているリーダーです。成長に最も大きな影響を与えるのは米国の存在です。インフラの優位性、公的機関および民間組織からの十分な資金、および最先端の研究技術は、市場成長の風穴です。

ヨーロッパはアメリカの足跡をたどっている。同様の特徴は、地域市場を際立った場所に与えました。さらに、市場はそのような研究に関与する様々な組織の存在によって促進される。

アジア太平洋地域は、予測期間中に最も速い成長を期待しています。新興国は、地域市場を刺激するために多額の投資を行っています。さらに、市場大手がこの地域に注力して事業を拡大し、見通しがあるため、関連する収益性の高いコストのために非常に高いです。

COVID-19影響分析による詳細な目次を閲覧する: https://www.marketresearchfuture.com/reports/gene-editing-market-707

主なプレーヤー

遺伝子編集市場における主要な地域プレーヤーのほとんどは、全国の遺伝子編集デバイスディストリビューターの助けを借りて、自社製品のリーチと接続性を高めることに焦点を当てています。さらに、遺伝子編集ツールのメーカーは、販売および流通チャネルを拡大することにより、急成長市場での活動を強化したいと考えています。これらの主要企業には、GenScript USA Inc.、Horizon Discovery Group plc、OriGene Technologies, Inc.、Integrated DNA Technologies, Inc.、New England Biolabs、Lonza Group Ltd Inc.、Sigma-Aldrich Corporation、Sangamo Biosciences, Inc.、Thermo Fisher Scientific, Inc.、Transposagen Biopharmaceuticals, Inc.が含まれます。

最新情報

科学者たちは初めて、CRISPR-Cas9遺伝子処理ツールを使用して中国のHIV患者を治療しました。患者は処置後に改善し、副作用はなかった。北京の北京大学の科学者たちは、CRISPRを使用して特定の骨髄中のCCR5幹細胞遺伝子を抑制しました。CCR5はHIV感染に寄与することが知られている。

関連レポートの参照先:

 ウシ胎児血清市場調査レポート – 2027年までの予測

ソフトジェ ルカプセル市場調査レポート – 2027年までの予測

市場調査の未来について:

マーケットリサーチフューチャー(MRFR)では、クックドリサーチレポート(CRR)、ハーフクックドリサーチレポート(HCRR)、コンサルティングサービスを通じて、お客様がさまざまな業界の複雑さを解明できるようにします。MRFRチームは、お客様に最適な品質の市場調査とインテリジェンスサービスを提供するという最高の目的を持っています。

お 問い合わせ:

Market Research Future ( Wantstats Research and Media Private Limitedの一部)

99ハドソンストリート、5階、

ニューヨーク, ニューヨーク 10013

アメリカ合衆国

+1 628 258 0071

Eメール: sales@marketresearchfuture.com