熱管理技術市場再生可能エネルギー源の採用拡大により、上昇が見込まれます

熱管理技術市場

熱管理技術市場は、再生可能エネルギー源の採用の増加により、予測期間中に有望な成長を目撃すると予測されています。

熱管理技術の卓越した処理能力は、それらを家電産業の重要なコンポーネントにし、熱管理技術市場の成長を促進する主要な推進力となっています。自動車、ヘルスケア、航空宇宙・防衛などの電子機器における熱管理技術の使用の増加は、市場の成長を促進するでしょう。熱管理技術市場分析によると、自動組立におけるインターフェースの組み込みの増加による熱管理技術の継続的な革新が市場の成長を牽引しています。

急速な工業化に伴い、電源の必要性が高まり、熱エネルギー貯蔵市場全体の成長がもたらされました。しかし、熱負荷の温度差やトランジスタ動作に対する熱の影響に関する技術的問題は、熱管理技術の市場規模を妨げる可能性があります。

製品タイプ別では、ハードウェアセグメントは、炭素排出量とエネルギー使用量の削減に重点が置かれているため、予測期間中にCAGRが速くなると予測されています。また、大量生産品への熱除去ソリューションの適用の増加とエレクトロニクスへのハードウェアの組み込みの急増は、市場の成長を促進します。

アプリケーション別では、ICの小型化により、予測期間中にコンピュータセグメントがより大きなシェアを獲得すると予想されます。熱管理ソリューションは、コンピュータ冷却プロセスを最適化して、運用プロセス時に発生する巨大な熱を管理するのに役立ち、市場の成長を促進する要因です。

地域別に見ると、アジア太平洋地域は、無尽蔵のエネルギー資源の採用を奨励するいくつかの政府のイニシアチブにより、予測期間中により高いCAGRで成長すると予想されています。中国の財務省は、バイオマス発電、風力発電所、太陽光発電事業者に提供される2021年の再生可能エネルギー電力許容量を59億5000万と決定しました。

熱管理技術市場に関する無料サンプルレポートのリクエスト

市場で事業を展開している主要企業には、Advanced Cooling Technologies、Boyd Corporation、ALE International、Miba AG、Heatex、Honeywell International Inc.、Pentair、SAPA S.p.A.、Laird、Momentiveなどがあります。

主な開発:

2020年、ハネウェルインターナショナルは、有害な環境への影響を減らすために、電子アプリケーションから熱を除去するために、Solstice E-coolingを開始しました。

熱管理技術市場セグメンテーション:

熱管理技術市場:製品タイプ別

  • ハードウェア
  • ソフトウェア
  • インターフェイス
  • 基板

熱管理技術市場:用途別

  • コンピューター
  • 家電
  • 電気通信
  • 自動車エレクトロニクス
  • 再生可能エネルギー
  • 余人
熱管理技術市場:地域別:
  • アジア・太平洋地域

o 中国

o 日本

o インド

o アジア太平洋地域のその他の地域

  • 北アメリカ

o アメリカ合衆国

o カナダ

  • ヨーロッパ

o 英国

o ドイツ

o フランス

o スペイン

o その他のヨーロッパ諸国

  • 漕ぐ

o ブラジル

o 南アフリカ

o サウジアラビア

o アラブ首長国連邦

GMIリサーチについて

GMIリサーチは、12の主要セクターにわたる市場洞察とインテリジェンスを提供する市場調査およびコンサルティング会社であり、お客様が効果的な投資およびビジネス上の意思決定を行うのを支援します。

メディアの連絡先

会社名:GMIリサーチ

連絡窓口:サラ・ナッシュ

Eメール:enquiry@gmiresearch.com

電話:ヨーロッパ– +353 1 442 8820;

米国– +1 860 881 2270

住所:アイルランド、ダブリン

ウェブサイト:www.gmiresearch.com