クラウドERP市場は17.8%のCAGRで成長すると予測されており、2027年には1,400億の価値に達するでしょう。

クラウドERP

クラウドERP市場は、2020年から2027年の予測期間中に17.8%のCAGRを目撃し、2027年までに1,400億の価値に達すると予測されています。運用効率を向上させる必要性の高まり、クラウドベースのソリューションの採用の増加、コロナウイルスのパンデミックの影響などの要因がクラウドERP市場規模を牽引しています.

クラウドERPサービスにより、企業は会計、マーケティング、クライアントデータの管理などのタスクをより簡単に実行でき、ビジネス効率が向上します。デジタル化の進展、モバイルデバイス、モノのインターネット、クラウドコンピューティングの普及の加速、ビッグデータとデータ分析の出現は、世界のクラウドERP市場の成長を牽引する重要な力です。また、リモートワークと自分のデバイスの持ち込みの増加傾向は、企業がワークロードをクラウド環境に移行し、リソースのより良い使用、オンプレミスデータへの遠隔地の可用性、およびIT支出の削減を保証するのに役立ちました。しかし、クラウドベースのERPシステムはオンプレミスのERPシステムよりも高価であり、予測期間中の市場の成長を妨げる可能性があります。

世界のクラウドERP市場の主要プレーヤーには、Oracle Corporation、Microsoft Corporation、SAP SE、Koch Industries, Inc.、Sage Group Plc、Plex Systems、Epicor Software Corporation、Ramco Systems Limited、International Business Machines Corporation、Acumatica, Inc.などがあります。

コンポーネント別では、クラウドERPが補助元帳、元帳、および貸借対照表から財務情報を解釈するため、財務および会計セグメントは予測期間中により速いCAGRを目撃すると予測されます。膨大なトランザクション量を処理します。

業種別に見ると、製造業セグメントは予測期間中により大きなシェアを占めると予想されています。クラウドERPシステムは、データ運用をリアルタイムで管理し、インフラストラクチャと物流コストを削減し、市場動向を分析するのに役立ちます。

クラウドERP市場に関する無料サンプルレポートのリクエスト

地域別では、継続的な技術進歩と小売、製造、銀行部門でのクラウドの採用の増加により、北米が今後数年間でより大きなシェアを占めると予測されています。

クラウドERP市場セグメンテーション:

クラウドERP市場:業務機能タイプ別

  • 財務・会計
  • セールスとマーケティング
  • 在庫管理
  • 余人

組織規模別のクラウドERP市場

  • 中小企業
  • 大企業

クラウドERP市場:業種別

  • ティッカー
  • テレコム
  • 医療・ライフサイエンス
  • 加工
  • 政府および公共部門
  • 航空宇宙・防衛
  • 小売
  • 教育
  • 余人

地域別クラウドERP市場:

  • アジア・太平洋地域

o 中国

o 日本

o インド

o アジア太平洋地域のその他の地域

  • 北アメリカ

o アメリカ合衆国

o カナダ

  • ヨーロッパ

o 英国

o ドイツ

o フランス

o スペイン

o その他のヨーロッパ諸国

  • 漕ぐ

o ブラジル

o 南アフリカ

o サウジアラビア

o アラブ首長国連邦

GMIリサーチについて

GMIリサーチは、12の主要セクターにわたる市場洞察とインテリジェンスを提供する市場調査およびコンサルティング会社であり、お客様が効果的な投資およびビジネス上の意思決定を行うのを支援します。

メディアの連絡先

会社名:GMIリサーチ

連絡窓口:サラ・ナッシュ

Eメール:enquiry@gmiresearch.com

電話:ヨーロッパ– +353 1 442 8820;

米国– +1 860 881 2270

住所:アイルランド、ダブリン

ウェブサイト:www.gmiresearch.com