イマツイ

だいたい月刊 豊洲発! ツイートから「今」が見えるニュースサイト
メニュー

イマツイ

メニュー

祝50周年!少年ジャンプの「今」を紐解く

今年で創刊50周年を迎える週刊少年ジャンプ。
子どもの頃から現在まで、愛読しているという方も多いのではないでしょうか。
この記念すべき周年を祝して、イマツイでは、少年ジャンプに関する話題をTwitterから分析。最新の少年ジャンプ読者の動向を紐解きます。

イマツイ編集部

2018.08.30 Thu

富樫先生の休載はファン公認?

「HUNTER×HUNTER」休載期間中 2018年4月2日 ~ 2018年7月24日の話題量 : 32,198ツイート

頻繁に休載することで有名な「HUNTER×HUNTER」。 週刊少年ジャンプ特集第3弾は、「HUNTER×HUNTER」の休載中の投稿に共起するワードから、休載時のファンの生の声に迫ります。

分析の結果、上位20ワードを紐解くと、冷静に連載再開を待つファンの姿が垣間見える結果となりました。 アメトーーク!の「ハンターハンター芸人」回に出演した「ケンコバ」(2位)や「キスマイ宮田」(5位)が話題になるのはもちろんですが、「複雑」(1位)、「緻密」(3位)といった言葉がランクイン。「複雑な設定と伏線ゆえに仕方ない」「ストーリーが緻密なので休載は必須」などのコメントが見られ、作品の構成や内容に関する言葉が多く使われていることが明らかになりました。 また、ネガティブなワードが見受けられなかった一方で、「普通」(15位)や「常態化」(20位)といった言葉がランクイン。「冨樫さんが連載してない期間の方が普通だから落ち着いてしまう。」といったコメントも寄せられており、休載をやむを得ないものとして理解し、再開を見守っているファンが多いのかもしれません。 未だ連載再開の兆しは見えていませんが、完結の日は訪れるのか!?今後に注目していきましょう!

2018.08.23 Thu

あの作品の必殺技が上位独占!

「ジャンプ人気作品に登場する必殺技」 2017年8月1日 ~ 2018年8月1日の話題量 : 1,545,749ツイート

「友情・努力・勝利」を合言葉に、多くの名場面を生んできたジャンプ作品。各作品に登場する必殺技を真似したことがある方も多いのではないでしょうか。イマツイでは、人気の歴代作品に登場する主人公の必殺技を分析。ランキング形式でご紹介します。

分析の結果、世界的な名作、ドラゴンボールに登場する必殺技が上位3位を独占するという結果になりました。さらに、総話題量の半分以上が「かめはめ波」「元気玉」「界王拳」の3つで占められていることからも、連載終了から20年以上経ってもなお、未だにドラゴンボールの人気がまったく衰えを見せていないことがわかります。4位以下では、人間をはるかに超えた力と速度で行動できる「スタープラチナ」、壊れた物を治し生物を癒す能力「クレイジー・ダイヤモンド」、実体のある分身を作り出す「影分身の術」、空中を浮遊・飛行する「舞空術」といった実生活がより便利で、快適になる技が続々とランクイン。実際に「舞空術使って帰省したい」や、「影分身の術で作業分担したい」などのツイートが見受けられ、現状のストレスや物理的な障害を解決するものとしてこれらの技が引き合いに出されていると言えそうです。私たちの夢や想像を膨らませてくれるジャンプキャラの魅力的な技の数々。みなさんはどの必殺技を使いたいですか?

2018.08.20 Mon

人気作品、徐々に世代交代か?

「週刊少年ジャンプ作品名キーワードを含むツイート」2017年8月1日 ~ 2018年8月1日の話題量 : 14,320,564ツイート

50周年を迎えた今もなお、子どもから大人まで多くの人を魅了する少年ジャンプ。イマツイでは、直近1年間でユーザがどの作品をより多く話題にしていたかを分析、ジャンプ読者の”いま”に迫りました。

分析の結果、長期連載から新連載まで新旧の作品が共在する本誌では、10年以上続く往年の名作が今でも語り続けられている一方、全体としては近年作品が7つランクインと、人気作品において徐々に世代交代が行われていることが、ビッグデータから明らかになりました。 超ロングヒットの「ワンピース」やその他の人気作品を凌駕し、堂々トップに君臨したのは、4,642,068ツイートという圧倒的な話題量を打ち出した「銀魂」でした。10年以上連載が続いている同作品ですが、今年は実写映画化第二弾の公開や、モンスターストライクとのコラボが話題になるなど、さらなる躍進を続けていることが大きな要因となったと推測できそうです。 次いで2位に「ヒロアカ」(2014年)、3位に「ハイキュー」(2012年)がランクインしており、学園を舞台としたバトルものがTwitterでも話題を集めているようです。また、6位以降はいずれも連載開始3年以内の作品が僅差で並んでおり、こちらも世代交代の波が徐々に来ていることを現していると言えそうです。 ジャンプの話題量ランキング、いかがでしたでしょうか?これからどんな作品が上位にあがってくるのかまだまだ目が離せません。