イマツイ

だいたい月刊 豊洲発! ツイートから「今」が見えるニュースサイト
メニュー

カテゴリー
話題の小ネタ

Apple Watch発売速報!今回もビッグウェーブはあるのか?! 発売3日で16万ツイートを突破!Apple Watch話題量の裏に見えた、別のウォッチの影。そして発売当日購入者の意外なプロファイルとは!?

Summary

イマツイが、発売直後のApple WatchのTwitter上での話題を分析。話題量は発売日から3日の累積で、16万ツイートを超えました。Apple Storeでの店頭販売はありませんでしたが、GPSを使った解析から、話題の中心にやはりApple Storeがあり新たにオープンした、Apple Watch at Isetan Shinjuku周辺でも、大きな盛り上がりを見せていたことがわかりました。また、若年女性の間で興味関心が高まっており「女性に喜ばれるプレゼント」としてApple Watchが選ばれる兆しも見えました。

タグ
Apple Watch
プロファイル分析
位置情報
妖怪ウォッチ
新製品

分析対象

*********************************
期間:2015/01/01 - 2015/04/26
条件:アップルウォッチおよび他社競合製品に関するツイート
ツイート件数:815,154
アカウント数:216,874
*********************************

4月24日、ついにApple Watchが発売されました。早速、イマツイ編集部では、NTTデータのデータサイエンティストとともに、Twitterの全量データから日本全国のApple Watchの盛り上がりを分析しました。

Apple Watch予約開始までの話題量推移、その裏に潜む、あのウオッチの影?!

まず予約開始までの話題量の推移を解析してみると、次のようなグラフになりました。


3月から発売までのつぶやきの量を示すグラフを見ていると、発売を発表したタイミングと、予約開始日にふたつの山があります。まるで猫の耳のようなこのグラフ・・・。

なんと、この二つの山がある日に話題を押し上げていたのが、実は「妖怪ウォッチ」です。

発表日には「アップルウォッチって妖怪メダル読み込めますか?」や「アップルウォッチ、妖怪ウォッチの経済効果に乗る作戦なのかな、名前似てる」といったコメントや、Apple Watchと妖怪ウォッチのスペック比較表の話題が広がりました。

予約開始日にも「Appleウォッチすごいな...でも妖怪ウォッチの方が欲しいな」や「妖怪ウォッチ vs. Apple Watch」など、2つの"ウォッチ"を比べる文脈が多数あがり、こんなところにも"妖怪のしわざ"が広がっている模様です。

他にも、ドコッチとの比較や、戦隊モノ、アニメキャラクターの麻酔針の出る時計との比較などのコメントもあり、もしかすると、今後のスマートウオッチ戦争、ゆるカワ系スマートウォッチがApple Watchのライバルとなっていくのかもしれません。

そのような中、Apple Watchに対する期待のツイートをした人は1万人以上
Twitter上では、多数が期待している様子が明らかに。

Apple Watchに対して「期待する」とのコメントをツイートしたアカウントの数をカウントしたところ、なんと、1万を超えるアカウントがなんらかの期待のコメントをツイートしており、「様子見」のツイートをしたアカウントを圧倒しました。

applewatch001_pc

やはり、Appleが新たに生み出したこのデバイスに、多くの人が興味関心を高めていることがわかります。

ビッグウェーブさんの登場を期待(心配?)する声もちらほらと。発売当日から週末にかけた3日間のツイート量は、トータル166,274ツイート。

発売当日から、週末にかけてのツイート量はトータルで16万ツイートにものぼり、Twitter上で多くの話題を喚起したことがわかります。

applewatch_hatubaigo003_pc
ツイートされた中には、「ビッグウェーブさんはどうしたんだ?」など、iPhoneでは行列の常連のあの方を待ちわびる声も見られました。

あなたは何に使いたい??共起*ワードから見えた、意外なApple Watchの使い方。*共起ワードとは:「Apple Watch 使いたい(使う)」という言葉と一緒にツイートされた言葉。

共起ワードを見てみると、メールや通話に続いて、Appleが想定しなかったような、意外な(?)使い方をしたいという言葉が多く見られました。

applewatch_pc

3位の心拍数モニターと合わせて、健康モニタリングやランニング・ジョギング、血圧など、運動中も含めヘルスケア情報を管理してみたいとのニーズが多く上がってきました。一方、4位に上がってきた「妖怪系」のニーズとともに、ウルトラ警備隊ゴッコや、ロボ操縦、アニメキャラクターを真似た麻酔噴射機能、戦隊ゴッコなど、その形状からか、アニメや特撮ものの世界が現実になった感がApple Watchのイメージなのかもしれません。

また、少数ではありますが、「嫁にプレゼントしたい」といった、素敵なコメントもみられました。

4月24日から4月26日の間に、早速Apple Watchを購入したという人の発言をもとにプロファイル分析を実施。
Apple Watchを買った人、欲しい人は、男性の音楽・ファッション好きが多数?!
ガジェット好きは少数派?

4月24日〜26日までに、Apple Watchを「買った」とツイートしている人のツイートの内容をもとに、高度言語解析辞書「なずき」を利用し、性・年代構成を明らかにしました。

性別 男性 女性
年代 10代 20代 30代 40代以上 10代 20代 30代 40代以上
Apple Watch
購入した!

919
アカウント
4% 22% 23% 29% 1% 8% 9% 3%
Apple Watch
話題にした

52,177
アカウント
5% 19% 20% 27% 4% 13% 8% 3%

購入した層で最も多いのが、男性40代以上で、購入者の3割程度を占めています。男性が全般的に購入も話題も多いのですが、話題に関しては、女性20代が13%と比較的多い傾向です。

価格が高いこともあり、なかなか手が出にくいのかもしれませんが、若い女性の間で興味が次第に高まっているのでしょう。

Apple Watchを 欲しいと言っている人、いらないと言っている人のプロファイルApple Watchが欲しい人はファッションと恋愛、ペットに興味がある男性。

続いて、欲しい!と言っている人のプロファイルをみてみると、こちらも圧倒的に男性が多く見られました。

カテゴリー Apple Watch "欲しい" Apple Wach "いらない"
男女比 男性72.3%:女性27.7% 男性75.0%:女性25.0%
コンテンツ 洋画 アニメ、声優
ライフスタイル 恋愛好き J-POP好き
食事 肉系はあまり好きではない 肉系は基本的に好き(特に、牛肉、鶏肉)

ファッション、恋愛、ペットへの興味が全体と比較して高いことがわかりました。また、肉に関する嗜好をみてみると牛肉も、豚肉も、鶏肉もあまり好きな人がおらず、"ファッション感度の高い、草食系の男性"の姿が浮かび上がってきます。

店頭販売は無くとも、Apple Store 周辺で全国的な盛り上がりを記録
東京は伊勢丹周辺での盛り上がりが多数。次いで、福岡、大阪でも盛り上がる。

今回はAppleのリテールとオンラインストア部門を率いる、シニアバイスプレジデント Angera Ahrendts氏の方針からか、4月24日にはApple Storeで直接の店頭販売はされませんでした。*Appleのプレスリリース*AppleのAngera Ahrendts紹介ページ

watchmap_zentai_001_pc

※ 緑の〇=Apple Watch発売当日のツイート。/赤の〇=Apple Storeの場所。

しかし、全国の盛り上がり状況を可視化してみると、東京は銀座、渋谷、そして新たにショップがオープンした伊勢丹付近で盛り上がっていることがわかります。また、首都圏以外でも、福岡、大阪、名古屋を中心に、Apple Store周辺でツイートが多く、当日は全国的にApple Store周辺で盛り上がったことが見えてきます。

Apple Watchの発売直後のTwitter全量データをもとにした分析。アニメやかつての戦隊モノについての話題も一緒に広がっている様子が明らかになりました。Appleが新たに発売したこのデバイス、かつて夢見た未来の生活を人々に感じさせているのかもしれません。

Apple Watch発売直後の話題の分析。若い女性の間で興味が高まっていたり、お嫁さんにプレゼントして喜ばれた男性がいたりと、幅広い世代で話題になっている様子がわかりました。今回新たに、伊勢丹には特別なショップ、"Apple Watch at Isetan Shinjuku"がオープン。袋も特別感のあるApple Watchロゴ入りのものが渡され、より高級感を演出しているなど、今年は大切な人へのプレゼントとして、"伊勢丹で買ったApple Watch"が選ばれることも増えるかもしれません。