イマツイ

だいたい月刊 豊洲発! ツイートから「今」が見えるニュースサイト
メニュー

編集部員のつぶやき

カテゴリー
編集部員のつぶやき

北陸新幹線の開業と時期を同じくして定期運行を終了した寝台特急の北斗星とトワイライトエクスプレス。編集部員Hが鉄道に関するこれらのツイートを比較してみました。 寝台特急「北斗星」&「トワイライトエクスプレス」のラストラン、北陸新幹線に話題量で及ばずも鉄分率で圧倒!

Summary

2015年3月14日に開業した北陸新幹線。その前日の13日に、ブルートレインとして親しまれた寝台特急「北斗星」が上野駅から最後の出発をしました。そして12日には、同じく札幌に向かう寝台特急「トワイライトエクスプレス」も多くのファンに見送られながらラストランを迎えました。時期を同じくして起きた鉄道に関するこれらのビッグイベントを、ツイートの量とツイートしたアカウントのプロファイルから分析しました。

運命の13日~話題量が上昇し続ける北陸新幹線を北斗星が意地の逆転!

【2015年3月1日から16日までの北陸新幹線・北斗星・トワイライトエクスプレスの話題量推移】
20150409-img-1-pc

3月に入ってからの2週間は北陸新幹線が常に話題量でリードしていました。しかし、12日は、この日ラストランを迎えたトワイライトエクスプレスが話題量トップに躍り出ます。そして、運命の13日。北陸新幹線の話題が徐々に上昇に転じ42,504件を記録する中、北斗星の話題は46,001件と、意地の逆転を見せました。翌14日は、北陸新幹線の話題が一気に131,338件と跳ね上がり、ピーク時のツイート件数の比較では、北斗星、トワイライトエクスプレスに3倍近い大差をつけて圧勝しました。

ツイートに占める鉄分率(深い鉄道愛アカウントシェア)では北斗星が圧倒!トワイライトエクスプレスも安定的な高鉄分率をキープ。


【北陸新幹線の一般アカウントと鉄道アカウントの話題量の推移(左軸)と鉄分率(右軸)】
20150409-img-2-pc

ツイートしている人々のプロファイルをから「鉄道関連の話題が好き」と判定されるアカウントを抽出し、その割合を比較しました。北陸新幹線の話題の鉄分率は約20%程度で推移していましたが、3月に入ると一般アカウントが話題数を伸ばし、開業の14日には10%まで下がっています。北陸新幹線のツイートを開業の半年前から分析した記事を見ても、より幅広い層が北陸新幹線に関心を持ったことが伺えます。

【北斗星の一般アカウントと鉄道アカウントの話題量の推移(左軸)と鉄分率(右軸)】

20150417HOKUTO-pc

それに比べて、北斗星の3月の鉄分率は40%前後を推移し、一般アカウントが増えるに連れて減少傾向に転じるも、最終的に40%台まで数字を戻し、鉄道ファンの熱い思いに支えられているのが分かります。ツイート上でも、別れを嘆く声や、中継を見て涙する声が多く聞かれました。運行開始から25年以上経ってもなお鉄道ファンに愛され、人気を維持し続けた北斗星の特徴が伺えます。

【トワイライトエクスプレスの一般アカウントと鉄道アカウントの話題量の推移(左軸)と鉄分率(右軸)】
20150409-img-4-pc

トワイライトエクスプレスは、30%~40%の鉄分率で推移していましたが、特筆すべきはピークの12日でも29%と大幅な落ち込みは無く、安定的に高い鉄分率をキープしたことです。哀愁漂うその姿に、「お疲れ様」「ありがとう」「有終の美を見届けよう」等、ファンからの思いのこもったツイートに編集部の胸も熱くなりました。

イマツイがツイートデータから紐といた、北陸新幹線、北斗星、トワイライトエクスプレスのツイート比較。改めて鉄道ファンの熱い思いを知ることができました。次回の編集部員のつぶやきもお楽しみに!

編集部員Hのご紹介:

編集部の長老で、息子とお酒をこよなく愛する。