イマツイ

だいたい月刊 豊洲発! ツイートから「今」が見えるニュースサイト
メニュー

編集部員のつぶやき

カテゴリー
編集部員のつぶやき

2014年 No1人気記事「ゆるキャラで振り返る2014年」分析サイドストーリー(002)
編集部員Mが、愛するふなっしーさん、そしてゆるキャラのみなさんへ贈る、
ゆるキャラがTwitter上で話題になるための3つのポイント。
そして、Twitter上話題量ベスト5トピックスからみるふなっしーさん活躍の軌跡と魅力。
これでふなっしー無双、今年も留まるところなし!

Summary

イマツイ編集部の中でも、ふなっしーへの愛は誰にも負けない編集部員M。
昨年のふなっしーさんの活動の傾向を知り、ふなっしーさんやゆるキャラの皆さまの今年のご活躍に活かしていただくため、Twitterの全量データをもとに分析を行いました。

タグ
ふなっしー
ゆるきゃら
編集部員M

『ゆるキャラで振り返る2014年』より、2014年のゆるキャラ話題量で圧倒的トップだったふなっしーさん。

yuru-main-pc

月ごとの話題量が首位独走状態、のみならず日別に見てみると1日に6万ツイート以上という脅威の数字を記録した日が、5日間ありました。

この記録的な数字を叩きだすきっかけとなった各日に、ふなっしーさんのどのような活躍があったのでしょうか。活躍を振り返るとともに、ふなっしーさんをはじめとしたゆるキャラたちがTwitter上で話題になり多くのユーザの元に情報が届けられるためのポイントを分析してみました。

まずはランキング形式でふなっしーさんの2014年話題量ベスト5トピックを見てみましょう。

梨無双第5位  60,000ツイート越え:
10月28日(火)ふなっしー肉まん発売

10月28日、ファミリーマートからふなっしーさんをイメージした中華まん"ふなっしーまん(肉まん)"が発売になりました。(参考:ファミリーマート商品発表リリース

個数限定発売だったこともあり、『ふなっしーまんゲットできた!』や『肉汁ブシャー美味しい!』などの喜びの声が目立った一方で、『顔が怖い・ヤバイ』などのツイートも散見されました。確かに、焼印プリントを利用せず、ふなっしーさんの顔を立体的に表現するのは、かなり難易度が高そうですね。それでもプリントに頼らず忠実に再現しようとしたファミリーマートのプロ根性に拍手!

ちなみに、この時筆者はゲットできませんでした...。が、最近になってめでたく再販されるようになり、ようやくゲットできました!宣伝通り『肉汁ブシャー』でとっても美味しいです。昨年10月に食べ損ねてしまった皆さんは、ファミリーマートへGO!

梨無双第4位  71,000ツイート越え:
8月31日ゆるキャラリレー対決@日本テレビ『24時間テレビ』

この日、日本テレビ『24時間テレビ』内で、ゆるキャラによる東西リレー対決が行われました。ふなっしーさんは東日本チームのアンカーとして出場。結果は惜しくも敗れてしまいましたが、全力疾走する和梨にTwitter上でも多くの応援がおくられていました。

また、応援メッセージの次に多く目立ったのが、こちらのツイートです。

『ふなっしーとちっちゃいおっさんの友情に拍手。』

ちっちゃいおっさんは兵庫県の非公認ゆるキャラで、ふなっしーさんとも大の仲良し。そのちっちゃいおっさんの生みの親が、このリレーの約一ヶ月前に急逝。追悼の気持ちを込めてでしょうか、疾走するふなっしーさんのヘタ飾りにはちっちゃいおっさんの人形が付けられていました。このさり気ない思いやりに、Twitterユーザからも称賛の声が寄せられました。

梨無双第3位  75,000ツイート越え:
3月17日(月)ビストロスマップゲスト出演@フジテレビ『SMAP×SMAP』

梨の妖精が、とうとうあの『SMAP×SMAP』に登場です。番組放送開始の22時を迎えると一気にツイート量が跳ね上がり、筆者を含めた多くのユーザーが、固唾をのんで見守っていたことが伺えます。

しかしふなっしーさんが出演するコーナーが『ビストロスマップ』だっただけに、『ふなっしーどうやって食べるんだ?』と心配するつぶやきが多く見られました。今でこそ割とメジャーになった『イリュージョン』(ふなっしーさんの背中のファスナーから食べ物をインストールすると、食べ物は消えて食器だけアウトプットされるというファンタジー)ですが、この頃はまだ認知度が低かったのかも知れませんね。イリュージョンで無事パスタを試食した感想に対しては、『ふなっしー食レポうまいw』というつぶやきも。番組では食レポだけでなく相撲や縄跳びまでこなし、その多才梨っぷりをいかんなく発揮していましたね。

そんな頑張るふなっしーさんを終始やさしく気遣うキムタクに、コーナー終盤ふなっしーさんはこう言います、「泣けてきちゃったなっしー...グスン」。それに呼応してTwitter上でも『ふなっしー目から梨汁が溢れる!』というつぶやきが溢れたのでした。キムタクもふなっしーさんも、みんなハートが(も)イケメンすぎです。

ちなみにこのSMAP×SMAP出演は、2014年上半期の話題量、断トツトップだったとも言えます。

さて、いよいよベスト2の発表!に移りたい所でしたが、あっという間に記事文字数の上限に達してしまったようです。大好きなふなっしーさんの話題ということもあり、字数を気にせず夢中になって執筆してしまいました・・。

気になるベスト2トピックと、ゆるキャラがTwitter上で話題になるためのポイントについては、次回に続けてお届けいたします!

編集部員Mのご紹介:

イマツイ編集部で最もエンタメ系に詳しく、ふなっしーさんに対する愛は誰よりも深い。