イマツイ

だいたい月刊 豊洲発! ツイートから「今」が見えるニュースサイト
メニュー

編集部員のつぶやき

カテゴリー
編集部員のつぶやき

進む、バルス離れ。バルスとムスカの密接な関係

Summary

イマツイでは、9/29のラピュタ放送に合わせてバルス関連ツイートのリアルタイム中継を行いました。今年のバルス祭りにはどんな傾向があったのか、検証していきます。

分析対象

放送中のバルスツイート: 759,242 ツイート
最大バルス観測時間  : 23:23   1分間で 237,295 ツイート
バルス秒間ツイート記録: 23:23:05 48,445 ツイート
当日のバルスツイート : 917,024 ツイート

Twitterで本格的にバルス祭りが始まったのは2009年。2011年には1日100万ツイートを記録、2013年にはツイート量のピークを迎えましたが、その後、緩やかに減少傾向にあります。
4回目のバルス祭りということでユーザーに若干の飽きがきてしまったことも要因のひとつと考えられますが、バルス離れが進んでいると言えるのかもしれません。

分ごとのバルス推移

img_171004_02-pc

今年の、1分単位のバルスを振り返ると計237,295ツイート
これも昨年の1分間で 345,397 ツイートという記録からすると減少していることがわかります。
参照:昨年のバルス中継記事

「バルス」と「ムスカ」の密接な関係。バルス祭りで盛り上がるキャラが明らかに。

今回は、「シータ」「パズー」「ドーラ」「ムスカ」の主要4キャラクターの話題量をリアルタイムで解析するシステムも搭載しました。最終的にどのキャラクターが話題を制したのか!?

img_171004_03-pc

1位:ムスカ 104,413 ツイート
2位:シータ  85,381 ツイート
3位:パズー  66,057 ツイート
4位:ドーラ  36,550 ツイート

放送開始前までは「シータ」と「ドーラ」が「パズー」「ムスカ」を引き離してトップを独走。しかし、放送が始まってみると、「シータ」「パズー」「ムスカ」の三つ巴の戦いに。そして、バルス約20分前となる23:00には「ムスカ」が完全に独走状態になりました。23:15~23:30のツイート量では、2位の「シータ」に2倍近くの差を広げ、そのままトップを1度も譲ることなく、ゴールテープを切りました。多くのユーザーが「3分間待ってやる」「目がぁぁ!」などの「ムスカ」の台詞とともに呟かれていたことが散見されました。