イマツイ

だいたい月刊 豊洲発! ツイートから「今」が見えるニュースサイト
メニュー

カテゴリー
季節のトピックス

ビッグデータで解明する夏ぼっち事情。 夏は「ぼっち」になりたくなる季節!?
300種類を超える活動から判明した、充実したぼっち時間の使い方とは。
有名テーマパークの"ぼっち向き度"東西対決も!

Summary

いよいよ夏本番。帰省をはじめ、バーベキューや音楽フェス、海水浴など、人が集まるイベントが増える季節となりました。
一方で夏は暑さや湿度による過ごしにくさからか、「人に会いたくない」「会うのが面倒」といった気持ちになるのも事実。
人と集まらなくても充実した夏を過ごすにはどうしたらいいか、Twitter上の“ぼっち”(=ひとりぼっち、の略。以下同。)の行動を分析しました。

分析対象

条件:「ぼっち○○」「ソロ○○」「一人○○」を含むツイート
期間:2011/1/1 - 2015/7/21
総ツイート量:102,902,625
総ユニークアカウント数:9,394,485

夏が近づくにつれ、コミュニケーション意欲は低下傾向。
年々増加する、ぼっち活動家。

「人と会いたくない」「人と会うのが面倒」というTwitter上のつぶやきについて、年間を通じてその量を追ってみました。すると、夏に向けて徐々に増加傾向にあることがわかりました。意外にも夏は、人と会うことが億劫になったり面倒になったりすることも多いようです。

ima_150731_1-pc

またSNSでの頻繁なコミュニケーションをはじめとする"つながり"に疲れていることが背景にあるのか、ぼっちをあえて前向きにとらえ、一人で精力的に活動する人たちが年々増えています。

2011年からの"ぼっち活動"についてツイートしたユニークアカウント数を見てみると、年々増加傾向にあるだけでなく2015年は7月までで既に73万を超えており、"ぼっち活動家"の増加は昨年を超えそうな勢いです。

ima_150731_2-pc

イマツイでは過去のTwitterデータから言語解析技術を駆使して、このような"ぼっち活動家"がどのように一人の時間と向き合っているのか探ってみました。

"ぼっち活動"のバリエーションはなんと300種類以上。
「ぼっち飯」と「ひとり旅」が2大アクティビティ。
まさかの「ひとりディズニー」も!

2014年7月から2015年6月までの1年間のぼっち活動に関するツイート内容を調べたところ、300種類を超えるぼっちアクティビティが出現しました。

これを出現量順にランキング化したところ、1位は「食事」、2位は「旅」がランクインしました。また、「カラオケ」や「飲み会・飲酒」、「映画」などが連なる中、なんと「ディズニー」が13位にランクインしていました。こちらについては、後程詳しく見てみます。

■ 「ぼっち活動」出現量ランキング

順位活動ツイート量
1食事466,499
2旅行436,530
3カラオケ271,045
4飲み会・飲酒141,457
5映画134,076
6ラーメン75,570
7焼肉71,327
856,978
順位活動ツイート量
9ショッピング56,153
10ドライブ49,021
11マック (マクドナルド)44,808
12東京42,931
13ディズニー35,711
14ランチ34,205
15ライブ29,100
順位活動ツイート量
1食事466,499
2旅行436,530
3カラオケ271,045
4飲み会・飲酒141,457
5映画134,076
6ラーメン75,570
7焼肉71,327
856,978
9ショッピング56,153
10ドライブ49,021
11マック (マクドナルド)44,808
12東京42,931
13ディズニー35,711
14ランチ34,205
15ライブ29,100

最強のぼっち飯は「ビアガーデン」!?ツイートのポジティブ率からわかった、ぼっち飯の充実度。
ビアガーデンで孤独に立ち向かう上級者と、家でまったりひとり鍋奉行をするぼっちを確認。

数あるぼっち活動のなかで堂々の1位に輝いた「食事」(ぼっち飯)。どのメニューなら本当に一人でも楽しむことができるのでしょうか。イマツイはぼっち飯を行った人のポジティブな反応の割合(ポジティブ率)から、"各種メニューで一人でも充実した食事時間を過ごせる度"を見える化し、分析しました。

bocchi-pc

ぼっち飯でポジティブ率が最も高かったのは、なんとビアガーデン。

「ビアガーデンぼっちは上級者」「ビアガーデンぼっちでメンタル強くしたい」など、非常に難易度が高いと思われているものの、「ひとりビアガーデンキメてる」「ビアガーデンぼっち満喫」など、あえて人が集まる場所にぼっちで挑み、自分だけの時間を楽しめた時の達成感が格別な様子です。

2位のモツ鍋と3位のジンギスカンも「ぼっちではつらい」というツイートもある中で、ビアガーデンと同様に「ぼっちジンギスカンだけど、目の前に札幌の夜景!」「福岡出張。もう一人モツ鍋も慣れた。とまどいも恥じらいもなく注文できる。」など、ぼっち飯を成し遂げた猛者のポジティブなコメントが目を引きました。

4位には具体的な種類は特定されていない「鍋(料理)」が、5位にはキムチ鍋がランクインしました。外食シチュエーションがメインだった1位から3位と異なり、このふたつは自宅におけるぼっち飯定番メニューとしてつぶやかれています。「ひとり鍋なら家族が嫌いな出汁(だし)を試せる」や、「キムチ鍋うまい。ひとりだし鍋から直接食べてるw」「クーラーの中でひとりキムチ鍋 最高」など、自宅でひとりであるがゆえに、自らが鍋奉行となって、鍋を堪能している様子が伺えます。

この夏、外でぼっち上級者を志す人はビアガーデンを、家で自分だけの時間を楽しみたい人は自宅でひとり鍋にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

東西テーマパークぼっち対決!もはや普及した(!?)「ひとりディズニー」と、じわじわと増える「ソロユニバ」。

恋人や家族、仲間と行く場所と言えばテーマパーク。テーマパークに一人で行くことこそ、ぼっち活動の頂点ともいえるでしょう。そして意外にも、前出の通り「ディズニー」がぼっち活動ランキング13位にエントリーしていることがわかりました。

そこで、次はその聖域に一歩踏み込んでみます。

ima_150731_3-pc

ぼっち活動で13位となった東の「ディズニー(東京ディズニーリゾート)」と西の「ユニバ(ユニバーサルスタジオジャパン)」、この2つについて更に詳しく調査し、比べてみました。

ツイート量はひとりディズニーがソロユニバを圧倒。ユニークアカウント数を見ても29,652に上り、もはやひとりディズニーは世の中に広く普及していることが推察されます。また、ツイートのポジティブ率でもディズニーがユニバを上回っています。ぼっち同志の数と充実度の高さから見ても、ひとりディズニーは意外と挑戦しやすかったりするのかもしれません。

しかし昨年からのテーマパークそれぞれのツイート量の伸び率を見てみると、ディズニーが昨年とあまり変わらないのと対照的に、ユニバは1.7倍の伸び率を記録。「仕事が休みだから、昼からひとりユニバ!ハリポタに並んでるなう」「ひとりでユニバ行って、ホグワーツを時間をかけてすみからすみまでじっくり見たい」など、昨年2014年7月にウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターがオープンしたことで、一人で魔法学校に行く人が増えている模様です。Twitter上では「USJ」ではなく、「ユニバ」と呼称されている西のユニバも、これからは関西の方を起点に「ソロユニバ」として定着していくのかもしれません。

人と集まる機会が何かと多い夏ですが、それだけにふと一人で過ごしたくなったり、急に自分だけの時間ができて、「さて何をしようか...」と迷ってしまったりする時がありますね。そんなあなたの素敵な夏の思い出に"ぼっち活動"情報がお役に立てますように。