イマツイ

だいたい月刊 豊洲発! ツイートから「今」が見えるニュースサイト
メニュー

カテゴリー
季節のトピックス

イマツイ編集部が、今話題のニンテンドースイッチを口コミから分析! 3度の波で生まれたスイッチ人気。真っ先に動いたのはあの世代?ツイートから浮かぶユーザー像と人気・待望ソフトを一挙公開。

Summary

2017年3月、満を持して発売されたニンテンドースイッチ。すでに夢中になっている方も多いかもしれません。イマツイ編集部では、そんなニンテンドースイッチ人気をTwitter全量データで解析。話題の盛り上がりから購入した人の特徴を明らかにしました。定番の人気ソフトや待望のソフトランキングもご紹介します。

タグ
ゲーム
スイッチ
トレンド分析
プロファイル分析

分析対象

・抽出対象 「ニンテンドースイッチ」及びソフト名を含む日本語ツイート
・解析期間とツイート量
 2016年10月~2017年3月 総ツイート量:3,774,148件
 2016年10月~2017年3月 RT除いた総ツイート量:1,593,876件

スイッチ人気は3度の波で作られた。徐々に盛り上がりを見せた話題の波。最高潮は50万ツイート超えを記録した「Nintendo Switchプレゼンテーション2017」!

まずは、昨年10月からのニンテンドースイッチに関する話題量推移を見てみましょう。

ニンテンドースイッチに関する話題量推移

img_170427_01-pc

3月末までの5ヶ月間に3つの大きな話題の波があったことが鮮明になりました。2016年10月の発売発表、2017年1月の「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」、そして3月の発売当日です。中でも、最も盛り上がったのが1月のプレゼンテーション。1日で544,918ツイートを記録し、話題は最高潮に達しました。また、話題の波が生まれる度に1日のツイート量のベースラインが上昇していることから、スイッチの話題が3つのフェーズで盛り上がりを見せ、「話題の商品」として注目されていったことが今回の分析で浮かび上がりました。発表直後のツイート内容を追うと、「天才的な発想だ!」「斬新過ぎるw」といったニュースに反応する驚きの声が多く、1月のプレゼンテーション時には「絶対買う!」「スイッチ貯金開設した」と発売を待ちわびる購入予備軍の声が話題を押し上げ、3月の発売当日には「発売おめでとう!!」「セットアップですでに楽しい」といった祝福や歓喜の声があがりました。

発売初日にスイッチを買ったのはどんな人!?真っ先にスイッチを手にしたのは名作ゲームで遊んでいた独身貴族のサラリーマン!?会社を休んで買いに並んだ人の理由にもほっこり。

続いて、発売初日にスイッチを購入した人を「性別」「結婚情報」「職業(上位4項目)」の3つの切り口からプロファイル分析してみました。

img_170427_00-pc

まず、職業で最も多かったのは会社員。続いたのが大学生、そして、アルバイト・パート、自営業という順となりました。ちなみに、会社員の中で、どの業界が多いのかを掘り下げると最多は「通信業界」となっていました。そしてスイッチといえば、ファミリー向けというイメージもありますが、結婚比率をみると、全体的に未婚率が高かったことが浮かび上がりました。真っ先にスイッチを手にしていたのは、独身貴族の男性サラリーマンだったようです。実際、販売時のローンチタイトルには、「ゼルダの伝説」「ドラゴンクエスト」「ボンバーマン」「ぷよぷよ」など不朽の名作が多く、当時はまっていた世代の大人を今も惹きつけ続けていることが伺えます。一方、当日並んで買ったツイートの中には「かわいい息子のために、雪の中並んで買った」といった男性の声もみられ、子供のために頑張る素敵なパパがいたことも浮かび上がりました。今後はファミリーや友達と一緒に楽しむためにスイッチを買うユーザーの声が徐々に増えていくかもしれません。

話題のソフトは待ち望まれる「Splatoon2」と絶好調の「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」!ポジ率No.1に輝いたのは、誰もが知るあの名作シリーズ!

最後に、スイッチ向けのゲームソフトについて、話題量とポジティブ率から現在の人気動向と今後発売ソフトへの期待値を紐解きます。

ニンテンドースイッチ人気ソフト&待望ソフトマップ

img_170427_02-pc

ニンテンドースイッチ人気ソフト&待望ソフトランキング詳細

順位人気ソフトランキング出現数ポジティブ率
1 ゼルダの伝説
ブレス オブ ザ ワイルド
16,285 61.9%
2 1-2-Switch 6,806 65.6%
3 VOEZ 4,556 64.1%
4 スーパーボンバーマン R 1,795 56.2%
5 いけにえと雪のセツナ 951 72.7%
順位待望のソフトランキング出現数ポジティブ率
1 Splatoon2
(スプラトゥーン2)
29,388 60.8%
2 マリオカート8 デラックス 1,636 75.6%
3 スーパーマリオ オデッセイ 1,473 80.3%
4 聖剣伝説 COLLECTION 1,164 74.2%
5 ゼノブレイド2 942 78.1%

※人気ソフト:2017年3月31日までに発売されたニンテンドースイッチのゲームソフト
※待望ソフト:2017年4月1日以降に発売予定のニンテンドースイッチのゲームソフト

すでに発売されているソフトの中で、最も話題になっているのは「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」、そして、最もポジティブ率が高いのが「いけにえと雪のセツナ」であることが判明しました。「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は売上絶好調というニュースも飛び交っているだけあり、納得の結果です。
一方、「Splatoon2(スプラトゥーン2)」が、3月の先行試射会の影響もあってか、圧倒的な話題量を記録しており、発売前にも関わらず、全ソフトの中で「最も話題なソフト」であることがわかりました。また、ポジティブ率をみると、「スーパーマリオ オデッセイ」が唯一80%超えとなっており、誰もが知る名作シリーズだからこその期待の高さが伺えます。その他、ランキングを俯瞰すると、マリオカートやボンバーマンなど、不朽の名作シリーズのDNAを受け継ぐソフトが上位にランクインしていることがわかりました。プロファイル分析でまっさきに買っていたのがサラリーマンだったことも、どこか頷ける結果です。

発売後もまだまだ人気が続きそうなニンテンドースイッチですが、これからどんな変化を見せるのか、ヒット商品になっていくのか、話題の行方が注目されますね。