イマツイ

だいたい月刊 豊洲発! ツイートから「今」が見えるニュースサイト
メニュー

カテゴリー
季節のトピックス

過去のリア充イベントからまなぶ傾向と対策:バレンタイン(後編)。
データサイエンティストによる最先端の言語解析から、新たなバレンタインの法則を発見。
新たに判明した"バレンタイン、期日過ぎても二割の法則"とは?そして厳しい現実、"ただしイケメンに限るプレゼント"も判明

Summary

イマツイ編集部は、来たるバレンタインに向けて、前編・後編と2回にわたり過去のバレンタインデーのツイート約1千万件(13,060,135件)を解析。今、リア充な方々も、リア充イベントに心を痛めている方々にも、お役に立てる“傾向と対策”を明らかにしました。
※ バレンタインの分析記事前編はこちら

分析対象

条件:バレンタインに関する単語を含むツイート
解析期間:2008-2014年の 2/1 00:00:00 - 2/17 00:00:00
2008年 2,905件
2009年 8,715件
2010年 200,859件
2011年 1,258,939件
2012年 2,326,274件
2013年 3,968,331件
2014年 5,294,112件
総計:13,060,135件

ハロウィンなど他のリア充イベントと比較して
バレンタインの話題の伸びは停滞気味。

2014年、経済効果がハロウィンに抜かれたバレンタイン。話題の伸び率をみてみると、2012年を機に、次第に減少していることが分かります。一方、ハロウィンは総量では僅かにバレンタインに及ばないまでも、前年比の伸び率は2014年に抜き去り、大きく成長していることがわかります。

※ ハロウィンについて過去の分析記事はこちら

男性からのプレゼント?
花束・バラが上位に入るも、"イケメンに限る"という結果に。

ちなみに、2014年のプレゼントランキングは下記の通りになります。

プレゼントツイート量
1位 チョコレート 412945
2位 ケーキ 24187
3位 クッキ- 19149
4位 夕食 17540
5位 手紙 12803
6位 5477
7位 アクセサリ 5334
8位 花・バラ 4683
9位 下着 4254
10位 衣類 3062
11位 和菓子 2993

やはりプレゼントランキングでは、チョコレートが圧倒的です。
8位にランクインしている"花""バラ"ですが、ポジティブな反応の割合が高く、"嬉しい""有難う"などの前向きな言葉が多く見られます。ただしこのポジティブワードをよく見ると、他のプレゼントにはない、"イケメン"という言葉と共に、"気持ち悪い""困る"などのネガティブワードが共起されています。

ポジティブ比率ポジティブワードネガティブ比率ネガティブワード
花束 69.80% 嬉しい 30.20% 申し訳ない
もらった どうしよう
好かれて 困る
ありがとう あげたかった
イケメン 寂しい
バラ 64.64% 嬉しい 35.36% 困る
もらった 忙しい
かわいい 悪い
ありがとう 高過ぎだ
イケメン 気持ち悪い

もしかすると、バレンタインの男性から女性への花束は"イケメンに限る"危険なプレゼントなのかもしれません。

永遠のライバル きのこの山VSたけのこの里。2014年のバレンタインデーは、キノコの山の勝利に。

毎年繰り広げられる"きのこの山"VS"たけのこの里"のバレンタインチョコ決戦。
今年は、ポジティブツイート量で、きのこの山がたけのこの里を若干上回り、かろうじて勝利をおさめる結果となりました。

イマツイ編集部とNTTデータのデータサイエンティストが開発した、贈られて嬉しいプレゼントをはかる指標キラープレゼント指数(KPI)でみても7ポイントの差をつけて、2014年はきのこの山が勝利をおさめました。
※キラープレゼント指数(KPI)についてはこちら

当日もらえなかった人も、勇気を持って渡せなかった人も、心折れるのはまだ早い?まだ、あきらめてはいけない
"バレンタイン、期日過ぎても二割の法則"とは?

また、2014年のツイートを分析してみると、2月14日を過ぎてもプレゼントを決してあきらめてはいけないことが分かりました。プレゼントを渡す(もらう)日は、もちろん2/13~15日が多い期間ではありますが、実は、全体の2割は16日以降にプレゼントをもらっているようです。
また特に、バレンタインデー"翌週の出勤日、登校日"は比較的関連ツイート量が多いことから、プレゼントを渡せなかった人も、もらえなかった人も、翌週までは希望を持っても良いかもしれません。

Twitter分析から見えた傾向と対策:前編・後編のまとめ

データサイエンティストによるTwitter分析から見えた傾向と対策1:もらう相手を喜ばせる、
サプライズバレンタインプレゼントには大福がお薦め!

大福はちょっと・・・という方には、サプライズ度は低いものの、KPIランキング2位のマカロンが良いと思われます。もちろん3位の花束もありますが、男性の方は"ただしイケメンに限る"可能性が高いことをお忘れなく・・・。

データサイエンティストによるTwitter分析から見えた傾向と対策2:リア充になったあなたは、3カ月の壁に注意!

一年後のカップルの継続率が50%という、恐ろしい結果が出たバレンタインの恋。
リア充になった方は、どうか3カ月の壁に注意して乗り切ってください。3カ月目以降はカップル減少率も1%台と大きく下がり、安定して行くと思われます。

データサイエンティストによるTwitter分析から見えた傾向と対策3:そして、きのこの山とたけのこの里で迷ったなら、きのこの山を。

2014年の分析より、きのこの山がKPIで7ポイント以上の差をつけて勝利しています。
どちらも美味しいお菓子であり、ポジティブ度も高いのですが、もしも"きのこの山とたけのこの里どちらをあげていいかわからない!"と迷った時、バレンタインにはきのこの山を贈ると喜ばれる確率が高いでしょう。

2014年の幸せなカップルが盛り上がるイベントの分析から導かれた傾向と対策。
来たる、今年度最初のリア充イベントであるバレンタインに是非ご活用いただければ幸いです。

※2014年バレンタインの分析記事前編「バレンタインラブ。その愛、継続率50%!?」はこちら。